人気の北朝鮮製タブレットPCを触ってみた!

実は北朝鮮はIT大国だった!?

これが噂の北朝鮮製タブレット型PC。学習用ソフトがズラリ

2012年秋ごろから、北朝鮮製のタブレットPCが北朝鮮国内で人気を呼んでいる。特に2000年代に入り、情報技術の充実を国策としてあげている北朝鮮。世界的なスマートフォンやタブレットPCの流行に後れまいと、ついに自作して国民への普及を図っているようだ。そのうちの1台を記者が日本国内で手に触れる機会を得た。

学習用タブレット「アリラン」の恐るべき充実度!

記者が触れたのは、「アリラン」というブランドのタブレットPCで、主に子ども向けの学習用という位置づけのもの。価格はどちらも250米ドル(約2万4000円)程度で、一般的な平壌の給与水準からすればはるかに高い。

システム手帳のような革製のカバーに包まれた「アリラン」を開くと、iPadminiとほぼ同じ大きさのタブレットが出てきた。また、もう片方の表紙にはキーボードも付けられている。

電源をつけると、北朝鮮の景勝地・金剛山を描いたと思われる背景が出てきて、ハングルで「アリラン」と表示される。その後、アイコンがびっしりと置かれた画面が出てきた。背景は何種類か用意され、現在、平壌の再開発地として有名な「倉田通り」の夜景を映した背景写真もあった。

次ページ意外と高い? 北朝鮮のIT技術
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。