「黒田新総裁」誕生でも、4月は円高ドル安に?

市場動向を読む(為替)

安倍首相が「こんなはずじゃなかった」とつぶやく局面が訪れるのか(左は甘利 経済再生担当相)

アベノミクスへの期待で円安が進んだ最大の理由は、政治圧力の高まりもあって、日銀がより大胆な金融緩和に踏み切ると市場が考えたからだ。筆者も、長期的な日米金利差とドル円の関係から、95円程度までのドル高円安は価格正常化の動きととらえてきた。長期的にも、日銀が金融緩和を続けるのであれば、FRB(米国連邦準備制度理事会)が金融緩和政策を巻き戻すに伴って、日米間の政策ギャップが拡大し、円安が促されていくと見ている。

市場は追加の金融緩和の可能性をすでに先取り

だが、現在のところ、FRBは2015年半ばまではゼロ金利政策を継続することを宣言している。量的緩和の巻き戻しが始まるのは、早くても2014年半ば以降であろう。日銀は今後も量的緩和の拡充を図っていくと思われるが、相当大胆な追加緩和措置をとらなければ、FRBとの金融緩和ギャップは縮まらない。過去4カ月間で急速に進んだ円安は、日銀による追加の金融緩和の可能性を相当先々の分まで先取りし、織り込んでしまったものと考えられる。

日銀やFRBの量的緩和が為替相場へ与える影響を見るため、ドル円と日米ベースマネー倍率を対比させてみる。ベースマネーとは中央銀行が供給している通貨の総量のことである。確かに両者の間には長期的に見て一定の相関はある。つまり、日銀が供給する円資金の量がより速く増える時には円安が、FRBが供給するドル資金の量がより速く増える時にはドル安が進む傾向が、大雑把にではあるが、確認できる。

次ページ金利差とベースマネーの差がどう影響しているか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。