イギリス首相、原発建設の再検討を表明

中国との関係強化は継続

 8月1日、メイ英首相(写真)の報道官は、英国は中国との関係を引き続き強化していくとの方針を示した。7月撮影(2016年 ロイター/Neil Hall)

[ロンドン 1日 ロイター] - メイ英首相の報道官は1日、英国は中国との関係を引き続き強化していくとの方針を示した。首相は先週、サマセット州ヒンクリーポイントの原発新設計画について、プロジェクトの最終決定を遅らせる方針を明らかにした。

広報担当者は「世界情勢、世界経済、国際問題の全範囲において中国が果たすべき役割を考慮しながら、われわれは同国との強い関係を引き続き目指していく」と述べた。

原発建設は英国では数十年ぶりのことで、240億ドルが投じられる見通し。フランス電力(EDF)<EDF.PA>が建設し、中国国有の中国広核集団(CGN)などが出資する予定だ。キャメロン前首相が推進していたが、関係筋によるとメイ首相は中国企業の出資に伴う安全保障上の問題を懸念しており、7月29日、調印式の数時間前というタイミングでプロジェクト再検討を表明した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。