「理」の残留派が「情」の離脱派に負けた必然

離脱派は巧妙な人心掌握術を駆使していた

前ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏(左)は、離脱派の型破りなスポークスマンだった。右はデイヴィッド・キャメロン首相(写真:代表撮影/ロイター/アフロ)

EU離脱という衝撃的な結末を迎えたイギリスの国民投票。「離脱派」「残留派」の生死を分けたポイントは何だったのか。

両派のコミュニケーション戦略の巧拙を分析してみたところ、離脱派が、きわめて強力で巧妙な人心掌握術を駆使していたことが分かった。まさに、「コミュ力」こそが、天下分け目の戦いの勝敗のカギを握っていたのだ。

「あんた、どこから来たのかい。日本か。いいねえ。俺の彼女は日本人だったんだよ。でも日本に帰ってしまってね~。まあ、若い子だったしねえ」

ロンドンの気さくなタクシー運転手は話が止まらない。50代ぐらいだろうか。話をイギリスのEU離脱に振ると、急に居住まいを正し、こう続けた。

タクシー運転手が語った移民への不満

この連載の一覧はこちら

「絶対、離脱すべきだ。いいかい、今、お客さんが通っているこの辺りは金持ちしか住んでない、いわば、うわべだけのイギリスだよ。俺の住んでる郊外はね。荒れ果てて、ひどいもんさ。毎朝、俺が仕事のために家を出るとね、そのすぐ先の店で、ルーマニア人が集団でコーヒーを飲んでるんだよ。あいつらは仕事もしないで、一日中、そうやって何もしないで過ごす。それで、政府からお金をもらえるんだ」

「移民はどんどん増えて、学校だって、これまで、一クラス20人ぐらいだったのに、今や35人だ。イギリス人の子供がなかなか学校に入れないんだよ。いいかい、俺は人種差別主義者じゃない。移民が来て、まっとうに仕事してくれて、この国に貢献してくれりゃ、文句は言わないよ。そうじゃないんだ。あいつらはこの国を食いつぶすんだ」

次ページタクシー運転手の訴えは強力な印象を残した
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
メルカリ&ZOZOTOWN<br>流通新大陸の覇者

流通業界で新旧交代が起きている。新しい主役は「ネットで服は売れない」という常識を覆したゾゾタウンと、フリマアプリで新市場を作ったメルカリ。拡大する流通新大陸をリポート。