トランプには「大統領の資質」が備わっている

米国大統領史から見れば時代の申し子だ

米共和党全国大会で大統領指名受諾演説をするドナルド・トランプ氏(写真:UPI/アフロ)
「私の誓いの言葉はこうだ。『私は君達アメリカ人とともにある』。私は君達の声だ。子供達に夢を託すすべての親達、そして、未来を夢見るすべての子供達のために、今夜、私は言いたい。『私は君達とともにある。そして、私は君達のために戦い、君達のために勝利する』」
「私は約束する。我々はアメリカを再び強くする。我々はアメリカを再び誇らしくする。 我々はアメリカを再び安全にする。そして、我々はアメリカを再び偉大にする」
~ドナルド・トランプ 7月21日、共和党の大統領指名受諾演説から抜粋

 

この緊急特集の一覧はこちら

もし、ドナルド・トランプが大統領選挙で勝利を収めれば、史上初の「政治経験なき実業家大統領」の出現になる。さらに、これまでレーガン大統領が持っていた最年長就任記録を塗り替えて 70 歳で大統領宣誓を行うことになる。当初、泡沫候補だと思われていたトランプが共和党大統領候補の座を射止めるまでに大躍進を遂げたことは驚きだが、大躍進の背景には、アメリカ人が求めてきたリーダー像がそこにあるのも事実だ。

これまでも実業家出身の大統領はいた。代表的な例は第29代ウォレン・ハーディング(任期:1921〜1923 年)と、第31代ハーバート・フーヴァー(1929〜1933 年)、それにジョージ・ブッシュ親(1989~1993年)・子(2001~2009年)の4人である。その中でもトランプと類似性を持つハーディングに注目してみたい。

「アメリカを第一に」は共和党の伝統

ハーディングは、低迷していた地方紙の発行権を買い取って軌道に乗せたことで財を成すきっかけを作った。ただトランプと違って政治経験はある。オハイオ州上院議員、オハイオ州副知事、連邦上院議員なとどを歴任している。1920 年の大統領選挙でハーディングは共和党候補として当選した。ハーディングの勝利の要因は、時代の要請を敏感に嗅ぎ取ったことにある。多くの国民は、ウィルソン政権が第一次世界大戦で外国の厄介事に巻き込まれたことに飽き飽きしていた。「アメリカを第一に(America First)」と「常態への復帰 (Back to Normalcy)」というハーディングの唱えたスローガンは有権者の心を掴んだ。

「アメリカを第一に」は共和党の中で、その後も脈々と受け継がれる伝統になる。1992 年の共和党の予備選挙でも、パット・ブキャナン候補が「アメリカを第一に」を唱えて現職のブッシュ大統領に挑戦した。ブキャナンは、自由貿易の推進がアメリカの製造業に深刻な打撃を与え、不法移民がアメリカ人から職を奪っていると主張した。

今、トランプはまさに同じ主張をしている。そして指名受諾演説で「アメリカを第一に」というスローガンを前面に押し出しており、「我々の目標と我々の対抗者の目標の最も重要な違いは、我々の目標がアメリカを第一に置くことにある。グローバル主義ではないアメリカ主義が我々の信条だ」と、トランプは主張しているのだ。

次ページ孤立主義を体現している
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。