「世界トッププロが相次ぎリオ辞退」の後遺症

スポーツ界でゴルフが孤立するのが心配だ

全米女子オープンの結果、女子の日本代表の一人となった大山志保(写真:アフロ)

7月19日、リオデジャネイロ五輪で112年ぶりに復活するゴルフ競技の日本代表が正式発表された。男子は池田勇太、片山晋呉、女子は野村敏京、大山志保。7月11日付の世界ランクからリランクされた五輪ランク上位が出場する。

女子は五輪ランク対象最後の全米女子オープンまで熾烈な争い。予選落ちした日本の2番手大山が涙したが、3番手で30位台前半なら大山を逆転可能だった渡辺彩香が最終日最終18番で池に入れ、夢破れて涙。念願の五輪出場に大山は「(五輪は)メジャー大会よりも大きい存在と思う。狙うは金メダル。最後に長いパットを決めて、競泳の北島康介さんみたいに“チョー気持ちいい”と言ってみたい」と目を輝かせたという。

松山英樹はジカ熱を懸念して辞退

この連載の記事はこちら

男子も最終の日本プロまでもつれ込んだが、対象者3人とも予選落ちで五輪争いの見せ場を作れなかった。それだけではなく、五輪について聞かれた池田は「今はそんな気分じゃない」といい、片山は「僕より調子のいい選手が出た方がいい」と辞退をにおわせた。

松山英樹が虫刺されアレルギーでジカ熱を懸念して辞退、世界ランクで2番手の谷原秀人は五輪出場に必要なJOCのメディカルチェックを受けていない。3番手、4番手の発言に、5番手の宮里優作は「もし自分まで降りてきたら行く」と決意したというぐらいの重苦しい雰囲気だった。

ところが、世界ランクが正式決定後、池田は全英オープンの会場で「ゴルフの価値をつける大事な大会。ゴルフ界の五輪の位置付け、日本のファン、ゴルフに携わる方々が五輪をどういう目で見るのか、この大会にかかっている。課せられた使命は大きい」と意欲を示した。

次ページ東京五輪での継続に黄信号
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。