全米プロ"涙の覇者"を支えた壮絶な「母の愛」

自宅を二重抵当に入れてまで学費を捻出

男子ゴルフのメジャー最終戦、全米プロ選手権の最終ラウンド、ジェイソン・デイがメジャー記録の通算20アンダーをマークし、メジャー初制覇を果たした(2015年 ロイター/Thomas J. Russo-USA TODAY Sports)

「もしも、あのとき父が死んでいなかったら、今日のこの勝利はなかった」

一度聞いただけだと、思わず「ん?」と聞き返してしまいそうなこのフレーズは、今年の全米プロを通算20アンダーというメジャー4大会史上のベストスコアで制覇したジェイソン・デイが口にした言葉だ。

「父が死んだとき、ひとつのドアが閉まった。でも、そのあと、別のドアが開いた」

母も姉たちも犠牲を払ってくれた

オーストラリア人の父とフィリピン人の母の間に生まれたデイは、2人の姉にも可愛がられながら、幸せに暮らしていた。経済的には決して豊かではなかったが、父親がゴミ捨て場に置いてあったゴルフクラブを持ち帰ってきたそのときから、父と息子の楽しい競争が始まった。

「どっちが先にうまくなるか競争だぞ」

父と一緒に夢中になってゴルフクラブを振った日々は、がんと診断された父親があっという間にこの世を去ったとき、突然、終わってしまった。そのとき、「ひとつのドアが閉まった」。

まだ12歳だったデイ少年は父の死という現実を受け入れられず、学校に行けば殴り合いの喧嘩をして、夜な夜な悪友たちと飲酒に喫煙。荒れた日々を過ごした。

「でも、ゴルフが盛んなボーディングスクール(全寮制の私立学校)のことをどこかから聞いてきて、そこに行きたいと言い出したのはジェイソン自身でした。もちろん、あの子は、その学校の学費がどれほど高いかは知りませんでしたけど」

デイの母デニングは、当時のことをそう明かしてくれた。

次ページデイの学費をひねり出した母の愛
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。