ヤフーの”秘密結社”で学ぶ、課題解決術

あなた、それは”犬の道”ですよ!

社員約4000人を抱えるヤフー。この大組織には、知る人ぞ知る“2大塾”が存在する。

ひとつは、人事本部長の本間浩輔によるコーチングやメンタリングを教える「本間塾」。もうひとつが執行役員であり、事業戦略統括本部長となった安宅和人(あたか・かずと)による、課題解決法を徹底指導する「安宅塾」だ。

「安宅塾」塾長の安宅和人執行役員。マッキンゼー勤務後、イェール大学・脳神経科学プログラムに入学、学位取得(Ph.D.)。マッキンゼー復帰の後、ヤフーに移ってきた異色の経歴の持ち主。

現社長の宮坂学は、以前から社員研修を重視していた。そのため新体制発足後は、ますます全社的に社員の育成に熱が入るようになっている。安宅塾も本間塾も、志願すれば社員は誰でも入塾できる。

「安宅塾」の代表である安宅さんは、『イシューからはじめよ』という著書を書いた、ベストセラー作家でもある。

安宅さんの『イシューからはじめよ』はベストセラーに

彼がヤフーCOO室長時代に書いたこの本では、「本当に優れた知的生産の方法」が説かれている。具体的には、「アウトプットとして、何を生み出すことに意味があるのか」「何が本当のカギなのか」を知る手法が体系的に書かれている。

それを実践すると、なんと「やるべきことは100分の1」にもなるという。この本は、マッキンゼー出身者など一部の間では、バイブル的存在となっている。

その安宅さんが率いる「安宅塾」は、彼がマッキンゼー時代からの有名な塾だったようだ。

僕らが被災地支援のため、東北に足を運んだときも、現地で「安宅さんって、今ヤフーですよね。実は僕、マッキンゼー時代に『安宅塾』にいたんです…」と何人かの人に聞かされ、驚いたものだ。マッキンゼー時代は今より怖い時期もあったとかなかったとかで、「恐怖の安宅塾」だったらしい。

僕からすると、安宅さんは多趣味で色んなことを知っていて、いつもコカコーラゼロを飲んでいるチャーミングなおじさまという感じなので、恐ろしい人という印象はないのだが…。

復興支援というと、どちらかといえば、情熱的な思いが先行して、がんがん進められているような印象があるかもしれないが、実は現場では、理路整然と進められているケースも多い。

次ページ復興支援で広がる、マッキンゼー思考
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。