ロジカルな頭より、クレイジーな情熱

新世代リーダー 高島宏平・オイシックス社長

髙島 宏平
オイシックス社長
髙島 宏平 氏
1973年、神奈川県生まれ。東京大学大学院工学系研究科情報工学専攻終了。1998年、大学院修了と同時に外資系コンサルティング会社のマッキンゼーに入社。Eコマースグループのコアメンバーとして活躍。2000年6月、インターネットを通じて安全でおいしい食材を一般家庭に宅配するオイシックス株式会社を設立。同社代表取締役社長に就任。2007年、世界経済フォーラム(ダボス会議)が選ぶ「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出される。東日本大震災によって被害を受けた東日本食品関連産業の長期的支援を目的とした一般社団法人「東の食の会」代表理事をつとめる。

東京・五反田のオイシックス本社。足を一歩踏み入れると、「Oisix」のロゴマークが入った白い段ボール箱が何段にも積まれ、壁のようになっているのが目に飛び込んでくる。

実はこの段ボール箱、オイシックス創業から間もない頃、パーティションが高くて買えなかった時代に作ったのと同じものだ。

通された部屋の名前は「ピーチかぶ」。オイシックスのヒット商品で、生で食べてもみずみずしく、まるで桃のように甘いというカブだ。ほかにも「トロなす」「かぼっコリー」「生トウモロコシ」など、会議スペースにはオイシックスの看板商品の名前がついている。この遊び心満載のオフィスに、髙島宏平社長のポリシーが見え隠れする。それは「何事も楽しむ」ということだ。

「何事も楽しむ」――。それは逆風が吹き荒れる環境のなかでも、髙島が貫き通してきた信念だ。創業12年を迎えた今、食品のインターネット販売を手掛けるオイシックスの売上高は順調に拡大を続けている(11年度の売上高は126億円、経常利益5・9億円)。だが、事業が軌道に乗るまでには、幾多もの困難に見舞われた。

東京大学大学院に在籍中、髙島は起業を経験している。その時に友人らと立ち上げた有限会社「Co.HEY!」は、「同じ仕事は2度としない」がモットー。航空会社の売れ残った航空券をネットで格安で販売する、秋田でのイベントをネットで生中継するといった、さまざまな新規事業に手を出した。

次ページ創業2年目、「吐き気がするほど」の修羅場
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
マツダ<br>理想への遠き道のり

広島東洋カープのリーグ優勝の陰で国内販売が急失速したマツダ。エンジンやデザインにこだわり、商品力を高め、2015年度の世界販売は過去最高を記録。勝ち組に何があったのか?

  • 新刊
  • ランキング