さあ、会社と役員を巻き込もう!

まさかの人員削減で、万事休す?

震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市に2012年7月末、ヤフーは新たな事業所として「ヤフー石巻復興ベース」を設置。東京のIT企業からやってきたメンバー5人が”ヤフーにしかできない支援”を目指し、日々奮闘している。
会社員として、企業として、復興支援の現場でいったい何ができるのか。この連載では、ヤフー石巻復興ベースの現場リーダーである長谷川琢也氏(35歳)が、復興支援の新たな仕組み作りに奔走する日々を、石巻から発信していく。 
連載第4回目の今回は、被災地の隠れた名品を販売するサイト「復興デパートメント」立ち上げ直後に起きた、まさかの人員削減という大波乱から始まる。さて、そこからどう巻き返す?

 

「はせたく、新規事業と、復興を含めた既存事業、どっちを選ぶ?」

およそ半年かけて、ようやくオープンした「復興デパートメント」(詳細は前回記事で)。

「復興デパートメント」のお披露目イベントは、大盛況に

そのお披露目イベントには、多くのメディア関係者が来てくださり、まさにこれからと関係者内も盛り上がっていた。

ところがその翌日。僕は、当時上司だった坂本本部長(現コンシューマ事業カンパニー担当執行役員)に呼び出され、究極の選択を迫られていた。

以前から僕の部署では、みんなで気合いを入れて立ち上げようとしていた案件があり、それをいよいよ本格化させるということだった。そして僕に告げられたのは、新規事業を選ぶか、もしくは、復興事業をやるか。どちらかを選べ、ということだ。

「どっちもやりますよ」

「ダメ」

「じゃあ、既存事業と復興のほうをやらせてください」

当時、自分なりに新規も既存も復興も、すべて全力でやっていて、全部やっつけるつもりだった。でも周りの目はちょっと白くなりつつあったし、正直なところ、体力も気力も限界に来ていた。

会社が力を入れる新規事業には魅力があり、当然、興味も持っていた。ただ、「復興デパートメント」の正念場はまさにこれから。オープン翌日にさよならなんて、それは、いくら何でもないでしょ。

記者発表時に、石巻から東京まで来てくださった本田水産代表の本田さん、高砂長寿味噌の高砂さんご夫妻(写真:平井慶佑)

前日に「これから頑張りましょう!」と熱い握手を交わした南相馬のイケメン味噌生産者・若松さんや、「こういう機会をつくってくれてありがとう」と言ってくれたキュートな高砂長寿味噌の社長ご夫妻、NPOのオンザロードやフロンティア南相馬の仲間たちの顔が浮かんだ。

せっかく乗りかかった船。今、ここで降りるわけにはいかない。

次ページ人員削減から、どう巻き返す?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。