関西名物?乗り換えできる3つ以上の異名駅

大阪駅周辺には路線の違う「5つの梅田駅」

複数の路線が並走する区間の多い関西では、近くにあっても各線で名前の異なる駅が多い

関西地域では、私鉄、JR、地下鉄、路面電車が同じ方向に向かって3路線以上並走している区間が数多くみられる。前回の記事(名前が違う「歩いて乗り換えできる駅」)を読んでいただいた方から「関西にも岡本駅(阪急神戸線)と摂津本山駅(JR神戸線)など、名前が違っても歩いて乗り換えられるルートは無数に存在しますよ」と教えてもらった。

どんな人たちがこのようなショートカットのルートを使っているのだろう。実際の人の流れも確かめてみたい。そんな衝動を抑えきれなくなり、新幹線で西へ向かうことにした。

関西は「名前の違う近接駅」天国

この連載の記事一覧はこちら

結論をいうと、関西はディープすぎるショートカット天国といえる。実際に歩いてみたいルートが山ほど見つかっていくから、たまらない。こういったルートを大きく3つにエリアを分けると、次のようになる――。

1)大阪中心部エリア~神戸エリア
JR神戸線・阪急電鉄・阪神電鉄・神戸市営地下鉄など
2)大阪中心部エリア~大阪南部エリア
JR阪和線・南海電鉄・阪堺電気軌道・近鉄・大阪市営地下鉄など
3)京都南部~奈良エリア
JR奈良線・京阪電鉄・近鉄・JR片町線など

 

このように路線が並走する区間では各線の駅同士が近接していたり、似た名前の駅が存在したりすることがよくある。例えば長岡京駅(JR京都線)と長岡天神駅(阪急京都線)、京田辺駅(JR片町線)と新田辺駅(近鉄京都線)などだ。

だが、関西のディープなところは、2駅どころか3駅以上の近接駅がわんさか見つかるという点である。今回は、3つ以上の異名駅が近接し、各駅間を歩けるルートに絞って訪れてみることにした。

次ページ大阪駅周辺に別名の駅が6つも!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。