バングラ襲撃でISテロは「新段階」へ突入した

予想以上に厄介で危険な存在になっている

襲撃を受けた「ホーリー・アルティザン・ベーカリー」の前で嘆くダッカ市民(写真:The New York Times)

バングラデシュ軍は7月2日にダッカの大使館街の高級レストランに突入し、11時間にわたる銃撃犯とのこう着状態を終わらせた。彼らは常連客を切り殺して、その大虐殺の写真を過激派組織「イスラム国(IS)」に送った。ISはこのテロ攻撃に関する犯行声明を出していた。

死亡した人質20人のほとんどは外国人だった。このテロ攻撃は、イスラム武装勢力による一連の攻撃としては史上最悪で最も大胆な犯行であり、バングラデシュの世俗的な社会基盤をも揺るがした。

しかしこの攻撃は、米フロリダ州オーランドの銃撃事件を含めた他の国々での最近のテロと同様、ISによる残忍な報復であると、欧米の諜報機関関係者は考えている。ISはイラクやシリアで領土を失うにつれ、世界中の他の場所でますますテロを指示し、鼓舞し始めているからだ。

鋭利な武器で「残忍な」攻撃

襲撃を受けた「ホーリー・アルティザン・ベーカリー」は高級住宅街のグルシャン地区にあった

犠牲者のほとんどが、鋭利な武器で「残忍な」攻撃を受けていた、と軍の報道官は述べた。逃げおおせた調理担当者は、テロ犯が拳銃、ナイフ、爆弾で武装していたと語った。

軍によると、奇襲部隊は突入によって人質13人を救出。テロ犯のうち6人を殺害し、1人を逮捕した。

次ページ政府は「国外組織の関与」に否定的
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。