バングラ内相「武装集団から要求なかった」

「ISは無関係」との見方

 7月3日、バングラデシュの首都ダッカにあるレストランで日本人7人を含む外国人ら20人が武装集団に殺害された事件で、同国のカーン内相は3日、武装集団からの要求はなかったと明らかにした。写真は犠牲者にたむけられた花やろうそく。ダッカで撮影(2015年 ロイター/Adnan Abidi)

[ダッカ 3日 ロイター] - バングラデシュの首都ダッカにあるレストランで日本人7人を含む外国人ら20人が武装集団に殺害された事件で、同国のカーン内相は3日、武装集団からの要求はなかったと明らかにした。また、過激派組織「イスラム国」(IS)は事件に関与していないとの見方を示した。

カーン内相は自宅でロイターの取材に応じた。事件をめぐってはISが犯行声明を出したが、内相は襲撃を行ったのが国内の過激派グループで、ISは無関係との政府見解をあらためて示した。

また死亡した実行犯6人のうち3人は22歳未満で、半年間行方が分からなくなっていたと明らかにした。

専門家らは、重傷を負って病院に搬送された容疑者が捜査に極めて重要な存在だとみている。ただ、カーン内相はこの人物の襲撃への関与ははっきりしないと述べた。

捜査に当たる警察関係者は3日、武装集団がISやアルカイダなど国際武装組織と関連があったかどうか調べていると明らかにした。この関係者によると、武装集団のメンバーの大半は高学歴で裕福な家庭の出身だったという。

バングラデシュ警察のトップは、メンバーが全員バングラデシュ人だったとし、「このうち5人は過激派としてリストアップされ、当局が複数回にわたり逮捕を試みていた」と述べた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。