日本人が知らない「男の更年期」の恐怖

「うつかな?」と思ったらコレを疑え!

もっと多くの人に男性ホルモンの役割と存在意義を知ってもらいたい、と語る堀江重郎先生(撮影:梅谷秀司)
「最近まったくヤル気が出ない」「気分が落ち込む」「ちょっとしたことでイライラする」。仕事をする意欲がわかず、なにもかもおっくうで、「オレって、ひょっとしたらうつ?」とひとり悩んでいる方も多いのでは……。
実際、日本の気分障害(うつ病、双極性障害を含む)の患者数は、1999年の44.1万人から、2014年には111.6万人に急増している(厚労省)。会社でもうつ病を発症する人が多く、ビジネスパーソン全体の3%がうつともいわれている。いまやうつ病は、ビジネスパーソンにとってきわめて身近で深刻な病気となっているのだ。
だが、「ヤル気が出ない」といったうつ症状の原因として、うつ病以外のもうひとつの病気の可能性を指摘する医師が増えている。男性ホルモン(テストステロン)低下による「男性更年期障害」が、深刻なうつ症状の原因となっているというのだ。女性更年期のように広く認知されていないが、男性更年期障害が40代以上のビジネスマンに急増しているという。
最近注目を集めはじめた、この男性更年期障害(LOH(ロー)症候群)の実態と正しい対処法を、このたび『うつかな?と思ったら男性更年期を疑いなさい』を上梓した堀江重郎・順天堂大学医学部教授に聞いた。

 うつ病と思い込んでしまうケースも

40代以上必読!女性以上に深刻な「男の更年期障害」の実態と対処法を誰にでもわかりやすく解説 (書影をクリックすると、Amazonのサイトにジャンプします)

――うつ病だと思い込んでいる人の中には、「男性更年期障害」の人が多いのですか?

男性更年期障害の症状には個人差がありますが、中には体調不良で寝込んだり、気分が落ち込んでうつ病と思い込んでしまうケースもあります。

実際、うつ病患者の多くが、男性ホルモン「テストステロン」の不足に陥っているのに、ほとんどの場合はその可能性すら顧みられていません。そればかりか、大量の抗うつ薬を投与されても治らず、かえって悪化させているケースもあります。抗うつ薬のなかには、テストステロンを下げるものもあるのです。

私のところにきた患者さんでも、2年間にわたり、うつの薬を飲んでいたという方がいらっしゃいました。抗うつ薬を4種類飲んでいたのですが、テストステロンはかなり下がっていました。これまで、テストステロンが下がっているうつ病の患者さんでは、5割を超える人が、テストステロンを補充することで症状が改善しました。

次ページ40歳を過ぎると徐々に
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。