40代男性に多い突然死はあなたにもありうる

元気な人ほど自分の健康を過信してはダメだ

専門医が警鐘を鳴らします(写真:xiangtao / PIXTA)
お笑いタレントの前田健さんが今年4月に東京都内で突然倒れ、帰らぬ人となったニュースを覚えている人も多いでしょう。享年44歳。実はこうした働き盛りともいえる40代男性の突然死が意外にも全年齢のなかでいちばん多いといいます。
もしあなたが1日にコーヒーを4杯飲むか、栄養ドリンクを毎日のように常飲しているのだとしたら、突然死の危険が迫っているかもしれません。「潜病」という言葉を聞いたことはありますか?『なぜ、元気な人ほど突然死するのか 1日たった3分 強い血管をつくれば健康になる』(ベストセラーズ)の著者で千葉県船橋市のすぎおかクリニック院長の杉岡充爾氏は「働き盛りを襲う突然死の9割以上がこの潜病にかかっているのに気付いていない」と警笛を鳴らします。

 元気な人ほど要注意

私は救命医療・救命治療に20年携わり、最前線で日夜、心筋梗塞などの生死に関わる治療に携わり約1万人の心臓の治療に携わってきました。突然死する人のご遺族は決まって、「昨日まで、あんなに元気だったのに」と口をそろえます。潜病というのは、それくらいわかりにくいものなのですが、実際にはその何年も前から自ら病気を育んでいます。「元気な人ほど要注意」とは、そういうことなのです。

コーヒーをたくさん飲む人、栄養ドリンクを毎日のように飲む人は特に要注意です。ストレスに対して、ストレスを回復してくれる抗ストレスホルモンを出している副腎は、毎日のストレスを処理するのに追いつかず、抗ストレスホルモンが足りなくなると、似た効果のあるカフェインで補完しようとします。これが、コーヒーを飲むことと、栄養ドリンクを欲することにつながります。

次ページ知らぬ間に副腎は弱っている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。