40代男性に多い突然死はあなたにもありうる

元気な人ほど自分の健康を過信してはダメだ

―朝の1分深呼吸―

食事や運動と並んで、普段から自律神経を過剰に緊張させないという習慣も極めて重要です。そのための簡単な方法が、深呼吸、です。イライラしたときや緊張したときに深呼吸をして心を落ち着かせたことがあると思います。

深呼吸は高ぶった自律神経を落ち着かせる効果があるのです。自律神経の緊張は、抗ストレスホルモンを消費し、血管の緊張も招いてしまいます。この、深呼吸を特に毎朝1分していただくだけでその日の自律神経バランスを正常に保てますので、ぜひとも取り入れてみてください。

良質な油で細胞膜を作る

―油を選ぶ―

画像をクリックすると販売サイトにジャンプします

最後に、正しい油の取り方をお伝えします。正しい油をとることは、健康を維持し、突然死を防ぐためにとても大切なことです。油は、人間のカラダにある約60兆個もの細胞一つひとつにある、細胞膜を作る材料になります。

良質の油は良質な細胞を作ります。中でも摂ってほしい油がオメガ3と呼ばれるグループの油です。青魚の油、といえば聞いたことがあるかもしれません。

ほかにも亜麻仁油、エゴマ油がこのオメガ3の油です。オメガ3系の油は細胞を強化するだけでなく、体内の炎症を抑える効果もあります。炎症もストレスのひとつで、抗ストレスホルモンを消費してしまうのです。ここで亜麻仁油のおすすめの取り方をご紹介しておきます。亜麻仁油は熱に弱いので、けっして炒め物などに使わず、生野菜にかけて摂取してください。

豆腐や納豆にかけてもいいでしょう。また、野菜ジュースに混ぜて飲むのもおすすめ。1日でカレースプーン1杯ほどとるのが目安となります。

見た目は健康そのものの状態の35~45歳の人の突然死がいちばん多いのはまぎれもない事実です。ひとりでも多くの人に気付いてほしいと願っています。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。