インドでGショックがバカ売れする理由

売上拡大するカシオ そのマネジメントとは?

カシオの現地法人カシオ・インディアが、直近5年で売上げを4倍に急拡大させている。カギとなる同社の成功ポイントは「インド人の持っている能力を発揮させるマネジメント」だ。

中 正男・カシオインディア社長

その同社を率いるのが、中 正男(なか まさお)カシオ・インディア社長。さすが“電子ピアノのカシオ”と思わせるバリトンボイスと、その場を包み込む豪快な雰囲気で現場を盛り上げている。

その長年の駐在経験から得た成功の秘訣についてデリー、オークラ地区にある同社本社にて同氏を取材した。

――現在の概要は?

1996年にインド進出、今年で17年目になります。現在、駐在員6人、現地採用 の日本人3人、インド人正社員120人、派遣社員30人、準社員的な販売促進員が200人という布陣です。

――中社長は赴任何年目になりますか

3度目のインド赴任で、通算9年になります。本社人事から「3度目はない」と言われていましたが、結局は縁があり3度目のインド赴任になりました。最初の赴任は立ち上げのときで、楽しかったです。そのときはまだ独身で決して家は広くはなかったんですが、夜な夜なデリー中から80人が押しかけてきたり、その頃は「夜の日本大使館」と呼ばれていました(笑)。今は結婚して落ち着いています。

――今、力を入れていることは?

地方の営業所を増やすために、地方出身者を重点的に採用しています。昨日もチャンディガル(パンジャブ州)出張から戻ってきました。やはりいろいろと大変です。これまで手薄だった保守的な州のテコ入れを行っています。

次ページ有名俳優がGショックつけて映画出演
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
さまよう被災者<br>原発最後の選択

原発事故は多くの被災者を生み出した。故郷喪失、賠償打ち切りに直面する住民の苦悩は尽きない。追い打ちをかけるように、福島県の一部の畜産農家では乳牛の病死が相次いでいる。