東大・理系男子がハマる”変わり種”スポーツ

集中力強化には、「ジャグリング」がいい

街角のイベントやテレビ番組で、ボールやボウリングのピンのようなもの(クラブ)を回したり飛ばしたりする芸を見たことはないだろうか。
ジャグリング(juggling)とは、さまざまな物体を巧みに操る曲芸のこと。授業中の鉛筆回しや、女の子の伝統的な遊び「お手玉」もジャグリングの一種といえる。
調べたところ、あの東京大学には100人以上が在籍する日本最大級のジャグリングサークルがあるという。しかも、各種大会などで入賞者を続々と輩出しているとか。いったい、どのように練習しているのか様子をうかがいに行ってみた。
東京大学・五月祭イベントに出演したOBのステージ。シェイカーカップの見事な技に、観客は目を奪われていた

「Go-rippa(ゴリッパ)!」「I LOVE this!」「fantastic!!!!!!」
 「磁石を使っているのか、もしくは、彼はロボットか――」

日本ジャグリング協会が主催する「Japan Juggling Festival(JJF)2012」で、ボールを巧みに操り優勝した男性の動画には、国内だけでなく、海外からも驚きのコメントが100以上ついていた。

この優勝者は、東京大学のジャグリングサークル「マラバリスタ」出身だ。

マラバリスタは1993年、まだジャグリングが珍しかった頃に生まれた老舗サークル。その設立には数学者のピーター・フランクルさんらが関わったという。

部長・荒木健司さん(東京大学理科一類)によれば、現在のメンバーは100人超。そのうち東大生は80人程度で、他大学の学生、高校生、社会人なども共に活動している。

週2回の練習への参加は任意で、ふだんは30~40人が練習場所の小学校体育館で練習を行っている。

練習で培われた数々の技は、五月祭や駒場祭といった学園祭のステージや、学校や施設からの“営業依頼”でおこなうショー、サークル内部の会などで披露している。

次ページなぜか理系男子が集まる!
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。