風間流「ポジティブに緊張を利用する方法」

川崎フロンターレ 風間監督のすごいメンタル

Jリーグ・川崎フロンターレの風間八宏監督。そのメンタルの強さには定評があり、現役時代には「心臓に毛が生えている」とまで言われた(撮影:今祥雄)

バイエルンの選手は試合前の一杯で緊張を克服 

どんなスポーツにおいても、若手が試合で力を出せない最大の理由のひとつは「緊張」だろう。

自分の力が通用するのかという不安や、ミスをしたら2度とチャンスをもらえないかという恐怖が、試合が近づくにつれて高まっていく。

たとえば、のちにバロンドールに2度も輝いたカール=ハインツ・ルンメニゲほどの選手でも、10代のときはその悩みと無縁ではなかった。

18歳のときに迎えた1976年のチャンピオンズカップ決勝直前、ロッカールームでルンメニゲは極度の緊張に襲われていた。すると、メディカル担当のリチャード・ミュラー医師が、そっとルンメニゲにコップを差し出した。何と中に入っていたのは、コニャック(白ワインから作ったブランデー)だった。

ルンメニゲが驚いて見返すと、ミュラー医師は「問題ない!」の一言。ルンメニゲは覚悟を決めて、2杯半、コニャックをあおった。アルコールの効果は絶大で、ルンメニゲは90分間フル出場してバイエルンの1対0の勝利に貢献。バレたら大変なことになるが、酔っぱらうことで緊張を克服したのである。

ただし、実はサッカーにおいて、緊張という感情は悪い面ばかりではない。発想を変えると、これほど真剣勝負において頼りになるものはないとも言える。

緊張によって、もうひとりの自分を引き出せるからだ。

現在、川崎フロンターレを率いる風間八宏監督は、現役時代、特にメンタルが強い選手として知られていた。

次ページ緊張する若手にかけた言葉
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。