「EU離脱ドミノ」は本当に起きてしまうのか

「英国EU離脱」と「リーマン」の違いとは?

リーマン・ショックは2008年9月15日に起きた。今回の英国のEU離脱はリーマンとどう違うのか(2008年9月16日の日経平均、AP/アフロ)

「金融ショック」と「政治ショック」はどこが違うのか

英国のEU離脱ショックで、世界の金融市場はまさかの大波乱に陥った。6月26日付の日本経済新聞は、「24日一日で世界の株式時価総額の約5%に相当する3.3兆ドル(330兆円強)が消失した」と報じている。

株価の下落幅や円高の幅が2008年のリーマン・ショック時を上回ったことで、メディアからは「英国のEU離脱ショックはリーマン・ショック以上である」との指摘も出てきている。

この緊急特集の一覧はこちら

しかし、「金融市場での短期的値幅」でショックの大きさを測るというやり方は、あまり賢明なものではない。リーマン・ショックと英国のEU離脱ショックの間には「ショックの質」に大きな違いがあるからだ。

それは、前者が「金融ショック」であるのに対して、後者は「政治ショック」だという点である。「金融ショック」も「政治ショック」も、金融市場や経済に大きな影響を及ぼすという点では同じである。異なるのは「貸したカネが返ってこない」という事態を伴うかどうかだ。

「金融ショック」は簡潔に言うと「貸したカネが返ってこない」ことによって生じるショックである。これに対して、今回の英国のEU離脱ショックは、想定外の出来事ではあったが「貸したカネが返ってこない」という事態が原因だったわけではない。

次ページ「貸したカネが返ってこない恐怖」の連鎖とは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。