「スイミング」武器にルネサンスがベトナムへ

現地最大手と合弁設立へ

日本のフィットネスクラブはスイミングの指導で世界的に定評がある(写真はルネサンス野田店)

昨夏のロンドンオリンピックでは他競技にも増してメダルラッシュとなった日本の競泳陣。その日本ならではのスイミング指導の強みを生かして、フィットネスクラブ大手がベトナムに進出する。

DIC系でフィットネス業界3位のルネサンスは、昨年末の12月26日、ベトナムのフィットネスクラブ最大手、BANG LINH ENTERTAINMENT AND SPORT JOINT STOCK COMPANYとの合弁会社設立を現地当局に申請したと発表した。

BANG LINH社はハノイ市内でフィットネスクラブ20カ所をチェーン展開する、ベトナムでの業界最大手。合弁会社への出資比率は未公表だが、ルネサンス側は50%未満のマイナリティになるという。

合弁会社の設立メドとしては今春を予定。当面はベトナム国内でスイミングスクールおよび施設管理に関するコンサルティングサービスを提供するが、将来的には、業務受託などの形によるフィットネス施設の運営も視野に入れているもようだ。

最大の売りは「スイミング」指導

ルネサンスがベトナム展開で最大の売りにするのはスイミングのノウハウ。「フィットネス産業ではエアロビクスもジムも欧米からスタートしたが、スイミングに関しては、日本ほどきちんとした指導ノウハウを確立しているところはない」(同社)という。

日本のフィットネスクラブでは、スイミングスクールを子ども向けなどに実施しているところが多い。そこでは水泳の上達レベルに合わせて生徒を10級、9級などと進級させていき、級ごとの教育体系も確立している。

次ページまずはコンサルから
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。