メガロスが「男も使える」小型フィットネス

女性専用「カーブス」に対抗

米国生まれで、今や日本でも1200店にも達しようとしている女性専用フィットネスクラブの「カーブス」。従来のフィットネスに比べ、こじんまりとしたスペースに筋力トレーニングなどのマシンを配置し、勤め帰りのOLなどが30分もあれば運動メニューをひととおり消化できることから、「コンビニフィットネス」とも呼ばれている。

そのカーブスに“対抗”する形で、フィットネス業界中堅のメガロスが、「男も使える」コンビニフィットネスに乗り出した。

11月1日、メガロスが調布店の一角に、ショップ・イン・ショップの形式で正式オープンしたのが「らくのびステーション」(上写真)だ。調布店のフロントラウンジ前のエリアを改修し、マシンを設置。筋力トレーニング向けではなく、ストレッチ運動に的を絞っている。

次ページカーブスに対抗
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
カジノ解禁法があぶり出す<br>ギャンブル依存症の恐怖

経済の起爆剤として期待がかかるカジノ法。一方で、ギャンブル依存にも注目が集まる。依存症者がつぎ込んだ額は平均1200万円超。意志の問題ではなく病気である。その実態に迫る。