米兵に暴行された豪人女性、悲痛の実名告白

神奈川・横須賀市であった事件に今も苦しむ

事件が起こるたび、日本政府は“何とかします”と壊れたレコードのように繰り返しているだけ

沖縄・うるま市の女性会社員の命と尊厳が、元米海兵隊の軍属シンザト・ケネフ・フランクリン容疑者(32)に突如奪われたレイプ殺人事件。

「被害者はどれだけ助けてほしかったか……。私もそうでした。痛いほど気持ちがわかります。沖縄県民はもう70年間、みんな助けてほしいと思っているはずです。沖縄でこのような事件が起こるたび、日本政府は“何とかします”と壊れたレコードのように繰り返しているだけ」

在日豪人のキャサリン・ジェーン・フィッシャーさんは激しい怒りをあらわにする。自身も2002年、神奈川・横須賀市で、米空母「キティホーク」所属の米兵にレイプされた過去があるからだ。

「実名で米兵によるレイプ被害を公表し顔出しで活動している人は誰もいません。事件で傷つき、またつらい思いをするなど誰もしたくないでしょう。でも、ほかの被害者がなかなか訴えられないからこそずっと諦めずにやってきました。これからもそうです」

被害が繰り返される理由

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

シンザト容疑者は「こん棒で頭を殴った」「強姦した」「数時間、乱暴する相手を探していた」と凶暴性、計画性を供述。刃物による傷は遺体の骨まで達していたという。沖縄県基地対策課によると米軍人の強姦犯の検挙件数は、

「県の統計では、本土復帰した1972年5月15日から2016年4月末までで130件。人数にして148人です。発生件数ではないので、実際にはもっと多くの被害があるとみる専門家もいます」

そして被害が繰り返される理由を、次のように指摘する。

「数十年、事件が発生するたびに再発防止を繰り返し申し出てきましたが、状況はまったく変わっていません。沖縄に米軍基地が集中(全国の約74%)しているのが理由であると考えています」(同課)

県民の怒りももっともで、容疑者逮捕から3日後の5月22日には、米軍キャンプ瑞慶覧ゲート前で女性団体が緊急集会を開催。参加者約2000人は追悼の意を込めた黒いチョウが印刷されたプラカードを掲げ、全基地・軍隊の撤退を求めた。

次ページ「魂が殺されていくような感覚」
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。