米ディズニーホテル、男児死亡で「ワニ注意」標識設置へ

2歳の男児が死亡した事件を受けて

 6月16日、米フロリダ州オーランドのテーマパーク「ディズニーワールド」にあるホテルの湖沼で2歳の男児がワニに引きずり込まれ、死亡した事件を受け、ディズニーワールドはワニの出没を警告する標識の設置を計画しているという。写真は上空から見た同ホテル。15日撮影(2016年 ロイター/Adrees Latif)

[オーランド(米フロリダ州) 16日 ロイター] - 米フロリダ州オーランドのテーマパーク「ディズニーワールド」にあるホテルの湖沼で2歳の男児がワニに引きずり込まれ、死亡した事件を受け、ディズニーワールドはワニの出没を警告する標識の設置を計画しているという。

事情に詳しい関係筋が16日、ロイターに明らかにした。

同州オレンジ郡の保安官事務所によると、ディズニーワールドにあるホテル「ディズニー・グランド・フロリディアン・リゾート&スパ」に隣接する湖沼で14日午後9時15分ごろ、レーン・グレイブスちゃんが水辺で遊んでいたところ、全長1.2─2メートルとみられるワニによって湖沼に引きずり込まれた。

捜索は夜を徹して行われたが、警察のダイバーは15日、行方不明になった場所の近くでレーンちゃんの遺体を発見。損傷はなく、溺死とみられるという。今回の事件の性質上、犯罪性はないとの見解を示している。

レーンちゃんの家族は、地元当局に感謝するとともに「息子を失ったショックと悲しみを言葉で言い表すことはできない。私たちは打ちのめされており、どうかそっとしておいてほしい」との声明を発表した。

これまで「遊泳禁止」の標識はあったが、特にワニに対して注意をするよう警告してはいなかった。事情に詳しい関係筋によると、ディズニーワールドは現在、ワニと明記した警告標識の設置を計画しているという。

ディズニーの広報担当者は16日、現在すべてのビーチを閉鎖しており、標識や警告の文言などを含む手続きの見直しを早急に行っているとの声明を発表した。

1泊税抜きで569ドル(約5万9500円)以上となる部屋を紹介する同ホテルのウェブサイトには、ゲストは「白砂ビーチで日光浴」気分を楽しめるとうたっている。

*写真を追加して再送します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。