上海ディズニー開園迫る、ウリは中国風演出

ディズニー史上最大のメインキャッスル

 6月12日、中国本土初のディズニーランドとなる上海ディズニーランドが16日、正式オープンする。写真は上海で4月撮影(2016年 ロイター/Aly Song)

[上海 12日 ロイター] - 中国本土初のディズニーランドとなる上海ディズニーランドが16日、正式オープンする。本場のディズニーランドを再現しつつも、中国人の興味をかきたてるため、ディズニーキャラクターによる「十二支」を取り入れるなど、中国風の演出もされている。テーマパークの建設ラッシュが進む中国でディズニーがどの程度集客できるかなど、課題もある。

総額55億ドルを投じて建設された上海ディズニーランド。963エーカー(約3.9平方キロメートル)の敷地内には2つのホテルや巨大湖、ディズニー史上最大のメインキャッスルがある。アイガー最高経営責任者(CEO)は先月、大きく宣伝するという意味でも規模は非常に重要だった、と述べている。

中国風の演出にもこだわった。開園式典では北京語バージョンのライオンキングが上演された。ターザンショー監督のために、元人民解放軍大将が雇われ、ディズニーアニメの人気キャラクターが、中国伝統の「十二支」を再現するエリアも設けられている。

テーマパーク間の集客競争

中国本土では、現在2500ほどのテーマパークの開園が計画されており、建設ラッシュ状態だ。ハローキティの屋外型テーマパークが浙江省に開業するほか、アニメ映画「シュレック」などを手掛ける米ドリームワークス・アニメーションSKG<DWA.O>も24億ドルを投じて、上海に「ドリームセンター」を建設中。米シックス・フラッグス<SIX.N>のテーマパークは2019年にオープン予定だ。

次ページ拡大続く中国のテーマパークビジネス
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。