心が強い人は「ムダな考え」を消している

要らない「妄想」をなくす方法教えます

仏教的にいえば、「目的の達成に役立つ、効果的な思考」が「正しい思考」であって、それ以外の苦しい思考は、ただの「妄想」だそう(写真:themorningglory / PIXTA)
就職、転職、異動、新年度……新しい体験が続き、多くの人が、ストレス・疲れを感じる時期です。迷いを感じ始めた人もいるかもしれません。
誰だって、いい仕事がしたいし、快適な毎日を過ごしたい。でも実際には、悩みはなかなか減りません。
この理想と現実のギャップを、どう埋めるか? 2500年昔の原始仏教の中に、現代にも使える実用的な知恵が隠れていました。
中卒→大検→東大→永田町シンクタンク勤務→インドで得度という経歴を持つ独立派の出家僧・草薙龍瞬氏(新著に『これも修行のうち。』がある)が語ります。

 

まず、誰もがもっている願望をふり返りましょう――毎日が快適にすごせる。仕事がはかどり、評価・成果が上がる。「この生活、悪くない」と思える。これらは、社会人なら、みんな願うことですよね。

ただ現実には、多くの悩みが待ち受けています。仕事がはかどらない。人間関係がしんどい。ネットやスマホとの「おつきあい」にも正直疲れた……。

一見元気に見えて、じつはモヤモヤ、イライラ状態が続いている。そんな人は、意外と多いのではないでしょうか。

こうしたスッキリしない日常の、最大の原因は何でしょうか。ひとつは「考えすぎるアタマ」です。つい過剰反応して、ムダな考えごと――仏教にいう「妄想」――を繰り返して抜けられないのです。

では、こうしたアタマにストップをかける方法とは? 世界最古のメンタル・トレーナーであるブッダに学んでみましょう。

「ムダな思考」と「正しい思考」はまったく違う

最初に、「考えすぎるアタマ」が、どれほど悩みを増やしてしまうか確認しましょう。たとえば、仕事で大失敗を犯してしまったとき、考えすぎるアタマは、こう考えます。

「相手に迷惑をかけたし、評価を落とした。信頼も損ねた。自分はダメだ。能力がない。この仕事に向いていないのでは。そういえば過去にも似たことがあった……」。

次ページ正しい考え方とは
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。