待望の「アナ雪」続編、気になるその中身は?

ディズニーがヒットアニメを生み続ける秘密

WDASプレジデントのアンドリュー・ミルスタイン氏は「企業の文化や風土を守っていくことを心がけている」という
ディズニーアニメーションが好調だ。近年では『アナと雪の女王』はもちろん、『シュガー・ラッシュ』『ズートピア』などヒット作が続いている。
ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ(以下、WDAS)といえば、エド・キャットムル氏(傘下のアニメーションスタジオ「ピクサー」の共同設立者で、現在はWDASの社長も兼務)とジョン・ラセター氏(ピクサーで『トイ・ストーリー』などを制作し、現在はピクサーとWDASのクリエイティブ部門を統括)が有名だが、彼らとともにWDASを率いるのが、アンドリュー・ミルスタイン・WDASプレジデントだ。キャットムル氏やラセター氏が主に作品作りを担う一方で、ミルスタイン氏が実務面を含めた全体を指揮する。
なぜヒットが増えているのか。気になるアナ雪の続編は? 来日したミルスタイン氏に聞いた。

「ストーリーがいいからこそ見に来てくれる」

――WDASからヒット作が増えているように思います。

WDASのビジネスの現状にはとても満足している。

ただ、奇策があるわけではない。最優先に考えていることは、「とにかく良いフィルムを作る」。That's It(以上)。それだけに全力を投入する。もちろん経済的な成功は重要ではあるが、いかに作品のストーリーを伝え、クオリティの高いものを作っていくか。そこに全力を投入することで、好循環が生まれていると思っている。

だいたい1本の作品作りには4〜5年かける。特に重視しているのは、作品のストーリーだ。ストーリーがいいからこそ、お客さんは見に来てくれる。そのためにはストーリーが織りなす世界観が大事になるし、魅力的なキャラクターを登場させる必要もある。表現するためのテクノロジーも必要だ。これらがすべてそろって、みなさんに受け入れられるフィルムが生まれる。

次ページ『アナ雪』はなぜヒットした?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。