飛び抜けた成果を狙うなら異界にダイブせよ

シャフトをグーグルに売った加藤崇氏に聞く

リスクの中にダイブして成功した後には、自分が無敵になった感じがして、これがまた想像できないような新たな力を呼び込む、と語る加藤崇さん
「大きな成果をあげるのに、お金や学歴は関係ない。」そう言い切るのは、ヒト型ロボットベンチャー『SCHAFT(シャフト)』をグーグルへ売却したことで一躍有名になった、同社元CFOの加藤崇さん。「何か大きなことを成し遂げたい!」と思っている若手ビジネスパーソンに参考になる生き方をしている加藤さんから学べる、大きな成功を収め続ける秘訣とは何か。インタビューの中で熱く語って下さいました。

「行動に移せずに悩んでいる人」の多さに気づいた

当記事は、書籍紹介サイト「ホンシェルジュ」の提供記事です

――加藤さんは、知る人ぞ知る有名人だと思うのですが、当時CFOを担っていたヒト型ロボットベンチャー『SCHAFT(シャフト)』が2013年にグーグルへ買収されてから、グッと注目度が上がりましたね。

「世界一の国産ロボットはなぜグーグルに買われたのか」という記事を2014年末に文藝春秋のWEBサイトで掲載したところ、その記事に対する反響が非常に大きかったんです。

――非常に優れたヒト型ロボットの技術をもつ東大発ベンチャー『シャフト』を、なぜ日本で育てることができなかったのか。そしてなぜ、最終的にグーグルに買収されたのかについて書かれた記事でした。

予想以上の反響があり、媒体の人も、そして僕自身も驚きました。ただ、この記事の反響を通してもっとも驚きを感じたことは、若手のビジネスマンで「何かやりたいと思っているけど行動に移せない」という人の多さだったんです。若い人の中には、「普通ではない、大きな成果をあげたい!」と思っている意欲的な人がたくさんいると思います。「スカっとホームランを打ちたい!」みたいな。でも、社会的な抑圧なのか、自信が無いからなのか、なかなか一歩を踏み出すことが出来なかったりする。そのような姿が透けてみえたのです。

――私も、会社を辞めて独立したことで、「よく辞めたね」や「怖くなかったの?」と聞かれます。

そうですよね。一歩を踏み出せない人が多いようなんです。けれど、それはすごくもったいないことで、「普通ではない、大きな成果をあげたい!」と思うような人は、踏み出さないと始まりませんよね。そこで、「なぜ、行動に移せないのだろうか?」と考えた時に、やっぱり自信が無いからなのかな、と思ったんです。「自分は特別な人間でもないし、何も持っていない」みたいな。実際のところ、僕も昔はそうだったんです。

次ページ加藤さんも昔は平凡だった
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。