「旅先でランニング」、ホテル大手が新戦略

ウェスティンが靴大手と提携

ウェスティンホテル東京での会見(11月1日)にて、ニューバランスと契約しているワイナイナ選手と並ぶ、ブライアン・ポビネリ氏(右)

ウェスティンホテル&リゾートが、米国大手スポーツシューズメーカーのニューバランスと提携し、宿泊客にトレーニングアイテムを貸し出すプログラムを全世界で展開する。世界的な健康ブーム、ランニングブームの盛り上がりの中、ビジネスマンなどの間で旅行時や出張中にも日常行っているトレーニングを行いたいというニーズが高まっているためだ。

ウェスティンは全世界に190カ所のホテルを展開し、日本では東京・恵比寿のウェスティンホテル東京などを運営。世界的なホテルグループであるスターウッドホテル&リゾートワールドワイドの傘下にあり、「ウェルネス(健康)」を宿泊客に提供することを大きなテーマの1つとしている。

今回のニューバランスとの提携をはじめとした戦略について、ウェスティンホテル&リゾートのグローバルブランドリーダーを務める、ブライアン・ポビネリ氏にインタビューした。ポビネリ氏は、米国の大手スポーツシューズメーカーであるリーボック社でグローバル総合マーケティング担当副社長を務めたこともある。

「旅先でのランニング」へシューズなど貸し出す

――ウェスティンホテル&リゾートがニューバランス(NB)と提携するに至った、そもそものいきさつ、背景と、提携内容のポイントは。

次ページ旅先でランニングするには
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。