はだし感覚で山走破、デサントが新シューズ

はだし感覚で山走破、デサントが新シューズ

道なき山も、岩場も、“はだし感覚”で走破--。

スポーツウエア国内大手のデサントが、英イノヴェイト社と独占ディストリビューション契約を結び、来年2月から「イノヴェイト(inov−8)」と「デサント」のダブルブランドでシューズを発売する。販売エリアは日本国内に加え、韓国、香港、マカオの4地域。中国については、すでにイノヴェイト社が契約を結んでいるディストリビューターが現地にいるため、今回の契約には含まれていない。2015年には4地域の合計で年間10万足の販売を狙う。

イノヴェイト社は2003年に英国で創業した新興のスポーツシューズメーカー。現在は米国をはじめ世界60カ国の市場に展開している。山などのオフロードを、はだし感覚で走ることができる「ナチュラルランニングシューズ」に定評があり、著名なランニング、アウトドア雑誌などで数々の賞を受賞している。

オフロードランニング向けからスタートしたイノヴェイト社だが、競技人口の面ではロードランニングのほうが圧倒的に多いこともあり、ロードランニングシューズの開発にも取り組んできた。

今回、デサントがイノヴェイト社と組んで日本、韓国、香港、マカオで展開するランニングシューズは、「inov−8」×「DESCENTE」のダブルブランド。これまで欧州や米国などを中心に展開してきたイノヴェイト社にとって、他社とのダブルブランドは初めて。デサントにとっても、ディズニーなど異業種とのダブルブランドはこれまでも展開してきたが、同業のスポーツ用品メーカーとのダブルブランドは初という。


関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。