J・レノンの自筆歌詞がNYで競売に、ビートルズの楽曲

予想落札価格は30万─50万ドル

5月3日、元ビートルズのメンバー、故ジョン・レノンさんの手書きによる「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」の歌詞とメモが、ニューヨークで今月オークションに掛けられることになった。写真は出品される競売品のビデオから(2016年 ロイター)

[ロサンゼルス 3日 ロイター] - 元ビートルズのメンバー、故ジョン・レノンさんの手書きによる「ビーイング・フォー・ザ・ベネフィット・オブ・ミスター・カイト」の歌詞とメモが、ニューヨークで今月オークションに掛けられることになった。予想落札価格は30万─50万ドル(約3200万─5350万円)。

この曲は1967年にリリースされたアルバム「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」の収納曲。

また、米ポップスターのレディ・ガガさんが5歳の時に初めて作曲した際に使用したピアノも出品される予定で、予想落札価格は10万─20万ドル。収益の一部はガガさんが創設した基金「Born This Way Foundation」に寄付されるという。

米競売会社ジュリアンズ・オークションズが21日に開くこの競売会には、著名なロック歌手ゆかりの品々数百点が出品される。

*内容を追加しました。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。