「過去100年で最大」のダイヤモンドが競売へ

予想落札額は75億円

 5月4日、過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット、写真)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。撮影(2016年 ロイター/Lucas Jackson)

[4日 ロイター] - 過去100年以上の間に発見されたダイヤモンドの中で最大とされるテニスボール大のダイヤの原石(1109カラット)が、6月29日にロンドンで競売に掛けられることになった。競売大手サザビーズが4日、明らかにした。

落札額は7000万ドル(約75億円)以上になると予想されている。

この原石はアフリカ南部のボツワナで昨年11月に発見され、現地語で「私たちの光」を意味する「レセディ・ラ・ロナ」と名付けられた。

サザビーズによると、1905年に南アフリカで見つかった3106カラットのダイヤに次ぐ2番目の大きさになる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。