「超」入門 微分積分 学校では教えてくれない「考え方のコツ」 

神永正博著

「超」入門 微分積分 学校では教えてくれない「考え方のコツ」 神永正博著

高校時代、微分積分の授業に挫折した人も多いだろう。本書は、「考え方のコツ」を知ることで、さまざまな数式や微積分の本質を理解することを目的としたものである。

たとえば、「どんな複雑な図形の面積も、単純な図形の面積の和で表せる」という積分の考え方を基に、ドーナツの体積を求めるとする。その際には、小学校で習った図形の面積や体積の計算方法を応用しながら、ドーナツを切り刻んだ図版を使って説明する。

微分積分学を発展させた解析学の専門家である著者は、一見難しそうなことでも、小さく分けて簡単なことの積み重ねにして理解しようとするのが、微分積分の考え方だとしている。

講談社ブルーバックス 924円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
半導体の覇者<br>熱狂する世界、沈む日本

今やアップル、グーグルも半導体メーカー。半導体関連株はITバブルに迫る高水準。トップ10にアジア勢が並ぶが、日本は事業売却に揺れる東芝のみ。勢力図激変の業界をリポート。