戦国武将 敗者の子孫たち 高澤 等著

戦国武将 敗者の子孫たち 高澤 等著

本能寺の変後、秀吉に滅ぼされた明智光秀には嫡男光慶(みつよし)をはじめ、数人の実子がいた。光秀の後を追って14歳で自刃した光慶に代わって、明智家の血を伝えたのは細川忠興に嫁いだ娘・珠(たま)。細川ガラシャの名で知られる珠の子孫は熊本藩主細川家へとつながり、その系譜は第79代内閣総理大臣細川護熙氏へ連なる。

武田勝頼、真田信繁、石田三成、豊臣秀勝、松平信康、今川氏真ら、歴史上に大きな足跡を残しながら、敗れ去っていった武将の子孫はどこへ行ったのか。異聞・伝説を排し、確実な資料を基に男系だけでなく女系に入った血脈も調べ、天皇家や近世大名家にもつながる意外な事実を発見。戦国時代の敗者・反逆者の末裔を現代に追いかける。

洋泉社歴史新書y 935円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。