創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 

村上 隆著

創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 村上 隆著

今の日本のクリエーティブシーンは確実に衰退しつつある。「夢はいつかかなうもの」の方便の徹底が日本人を怠惰にした、と著者は言う。

アーティストとして何より求められるのは、デッサン力やセンスなどの技術ではなく、「執念」である。“尋常ではないほどの執着力”を持ち、何があっても“やり通す覚悟”があるならば成功できる。それがなければ成功できるはずがないという図式は、はっきりしている。そこに疑問を挟む余地などなく、それがすべてなのだ、とも。

アートの世界とビジネスの世界には共通項を見いだせる部分も多いとして、世界第一線で活躍する著者が生み出した、個人の力を最大限に発揮する仕事術を披露する。

角川oneテーマ21 820円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。