創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 

村上 隆著

創造力なき日本 アートの現場で蘇る「覚悟」と「継続」 村上 隆著

今の日本のクリエーティブシーンは確実に衰退しつつある。「夢はいつかかなうもの」の方便の徹底が日本人を怠惰にした、と著者は言う。

アーティストとして何より求められるのは、デッサン力やセンスなどの技術ではなく、「執念」である。“尋常ではないほどの執着力”を持ち、何があっても“やり通す覚悟”があるならば成功できる。それがなければ成功できるはずがないという図式は、はっきりしている。そこに疑問を挟む余地などなく、それがすべてなのだ、とも。

アートの世界とビジネスの世界には共通項を見いだせる部分も多いとして、世界第一線で活躍する著者が生み出した、個人の力を最大限に発揮する仕事術を披露する。

角川oneテーマ21 820円

  

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。