池上彰の政治の学校 

池上 彰著

池上彰の政治の学校 池上 彰著

物事をわかりやすく解説することで定評のある著者が、民主政治の基本的な仕組みから、現在の日本の政治体制までを丁寧に解説した。

著者は、日本の政治が停滞している理由は、政治家が「票集め」に走り、国民が「幸せの青い鳥」を追い求めるからだと説く。高齢化の現在、政治家は選挙に勝つべく投票所に足を運んでくれる高齢者のための政策を優先。その結果、未来の世代にツケを回し、膨大な借金を背負ってしまった。一方、国民はとにかく現状を打破してくれる新しい人や政党に期待しては裏切られる、ということの繰り返しに陥っているという。

こうした政治の悪循環にはまらないために政治家と国民が成熟する方法を提言する。

朝日新書 798円

  

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。