共和党は、なぜトランプを止められないのか

躍進の裏で漂うファシズムの危険な臭い

共和党がトランプ氏の躍進を阻止できない理由は?(Photo: ロイター/Kamil Krzaczynski)

原文はこちら

米大統領選の共和党候補指名を争う不動産王ドナルド・トランプ氏がなぜ躍進しているのか、米国民の多くが知りたがっている。

最初に理解すべきは、誰が大統領選に出馬するか、その決定について米国の政党は無力だということだ。大統領候補は実のところ、フリーランサーなのである。ある者は単に自身のエゴや欲望によって出馬を望み、仮に出馬できれば、敗退しても出版やテレビ出演で私腹を肥やし、演説家としてのキャリアを獲得しようとする。

トランプ氏も自身の名声を望み、指名争いに名乗りを上げた。彼は時代の精神をよく読み取っている。製造業主体から情報社会へと社会が変化する中、取り残された労働者の怒りに訴えかけたのだ。この労働者たちは、北米自由貿易協定(NAFTA)などの取り決めで、工場がメキシコに移ってリストラされたり、賃下げの圧力にさらされた人たちだ。

移民を殺人者呼ばわり

彼はNAFTAを酷評しており、大統領になれば労働者により有利な協定を結ぶと約束している。また移民反対の感情にも訴えかけており、メキシコからの移民を「レイピスト」「殺人者たち」などとの過激な言い方で呼んだこともある。

トランプ氏の躍進は、彼のビジネスマンとしての成功が前提となって成り立っている。しかし実際、どれほど成功したかは不透明だ。彼はこれまで4度破産しており、事業に失敗した経験も多いとされる。保有資産は100億ドルに上ると自称しているが、その真偽について質問されると苛立ちを隠さず、納税用の所得申告書を公表することも渋っている。

次ページ暴力騒ぎも有効活用
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
経済の新常識<br>日本の今を「総括検証」!

追加緩和発動!風雲急を告げる日本経済を緊急解説する。景気、為替、経済対策などを賢人たちが徹底講義。加えて、「今」を読み解くための経済学の歴史、経済統計の見方も説明。

  • 新刊
  • ランキング