部下を逸材に育てられる人は、何が違うのか

逸材輩出のメカニズムとは?

逸材を育てるリーダーの共通点とは?(写真:saki/PIXTA)

ビジネス書の中でもリーダシップやコーチング論に属する王道のテーマなのだが、着眼に斬新さがある。まさに既知の領域に、フロンティアを見出したような内容だ。

著者はリーダーシップ論の大家として知られるシドニー・フィンケルシュタイン教授。彼はある時、様々な分野における「才能の系図」を辿っていくなかで、重要な事実に気付く。どの業界においても、一流と呼ばれる50人のうち半数近くは、1人かせいぜい2、3人の同じ才能養成者のもとで教えを受けていたのだ。

逸材を育てる「スーパーボス」

上の画像をクリックするとHONZのサイトへジャンプします

「新しい会社を次々と設立する人々」がシリアル・アントレプレナーと呼ばれ注目を集めがちな昨今であるが、ここで取り扱っているのは「新しい逸材を次々と育て上げる人々」である。これを著者は、「SUPER BOSS(スーパーボス)」と定義した。本書は、数々の実在するイノベーター達からスーパーボスのエッセンスをひも解き、さらにそれを実践するための手引きを解説した一冊である。

たとえば、NFLの世界では1979年から2015年の37年間に行われたスーパーボウルで、ビル・ウォルシュ、もしくはウォルシュから教えを受けたことのあるコーチが所属するチームは32回出場し、うち17回で勝利している。また、ファイラデルフィア・インクワイアラー紙で18年間編集長を務めたジーン・ロバーツの同窓会では300人の参加者の中にピューリッツアー賞受賞者が16人もいたという。

次ページ逸材輩出のメカニズムとは?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
IS掃討後も混沌続く中東

IS(イスラム国)の敗退が明らかになりつつある。その掃討に貢献したクルド人勢力が独立の動きを見せ、中東の新たな火種に。特にイラクとシリアで一層の混乱が懸念されている。