米連邦議会発砲、当局者はテロとの関連否定

ホワイトハウス一時閉鎖

 3月28日、米首都ワシントンにある連邦議会のビジターセンターで、男が武器のようなものを警官に向けたため、警官が発砲した。写真は銃撃事件発生後、国会議事堂近くを警備する警官(2016年 ロイター/Joshua Roberts)

[ワシントン 28日 ロイター] - 米首都ワシントンにある連邦議会のビジターセンターで28日、男が武器のようなものを警官に向けたため、警官が発砲した。警察が明らかにした。

男は負傷し、病院に搬送された。重体だが容体は安定しているという。

近くにいた女性がけがを負い、病院に搬送された。容体は明らかになっていない。警官にけが人はいない。

米政府当局者はテロとの関連性を否定した。

米議会はこの日、イースター(復活祭)の休暇で休会。多くの議員は地元に戻っており、不在だった。

*内容を追加します。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
単身世帯急増時代の社会保障

家族依存型、日本の社会保障はそう表現されてきた。しかし、単身世帯比率が30年間で2.2倍に急上昇、家族内の支え合いが弱体化。社会保障を強化し、単身世帯の高齢化に備える。