「新型インプレッサ」でスバルはどう変わる?

社運を賭けた次世代モデルが担う重責

ニューヨークで初披露されたスバルの「新型インプレッサ」。鮮烈な真っ赤のカラーが印象的だ

富士重工業(ブランド名:スバル)が23日、ニューヨークのオートショーで「新型インプレッサ」を世界初公開した。お披露目されたのは真っ赤なセダンとシルバーのハッチバック。インプレッサは2015年に北米で6万6000台を販売したモデルで、フォレスターやアウトバックなどの主力SUVに次ぐ販売規模をもっている。

車のクラス分けでいえば、インプレッサはCセグメントに分類される。世界的にも競合ひしめく人気セグメントで、VWのゴルフやホンダのシビック、トヨタのカローラといった各メーカーの代表車がライバルになる。

今後10年のスバルの命運を背負う

赤のセダンと並んで発表されたシルバーのハッチバック

新型インプレッサは、従来のモデルチェンジとは比較にならないほどの重みを背負っている。2020年までの中期経営計画の中で、新型インプレッサは次世代モデルの第1弾に位置づけられており、その成否は今後10年のスバル全体の命運を占うといっても過言ではない。

新型インプレッサを皮切りに採用されるのが、新プラットホーム(車台)「スバルグローバルプラットホーム(SGP)」だ。富士重工業はSGPの導入により、比較的コンパクトなインプレッサからレガシィ、アウトバック、北米向けの3列シートSUVといった大きな車種まで、スポーツカーのBRZを除くすべての車種に1つの共通したプラットホームを採用する計画だ。

次ページ新プラットフォームで何が変わる?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。