iPhone新製品「3月発表」に込められた"狙い"

アップル「再拡大」のカギ握る3つのテコ入れ

昨年11月10日イタリアの大学で講演を行うティム・クックCEO。3月21日のプレスイベントではどのような戦略が飛び出すのだろうか(写真:AP/アフロ)

アップルは米国時間3月21日に、カリフォルニア州クパティーノにある本社で、メディア向けのイベントを開催する。既に報じられているように、新型となる4インチサイズのiPhone SE、そして9.7インチ版のiPad Proの登場が期待されている。

これらの製品は、アップルのビジネスの中で、3つのテコ入れを施すことになるはずだ。以下、その戦略の詳細を占っていこう。

置き去りになっていた小型iPhoneへのニーズ

1つ目のテコ入れは、「置き去りになっていたユーザー」。大成功したiPhoneの大画面化で置き去りになった人々の、新モデルへの買替え需要の喚起だ。

Piper Jeffrayが2015年12月に発表した調査によると、20.3%の米国の消費者が、4インチのスマートフォンを好む、という結果が出ている。アップルはiPhone 6登場の2014年以降、2013年に発売したiPhone 5sを併売してきた。4インチのスマートフォンを好んで使い続けたい人、そして新たに4インチのスマートフォンが欲しい人にとっては、2年前のiPhoneしか、選択肢がない状態だったことを意味する。

次ページ大型化したiPhoneのシェアは意外に低い
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。