「大井モノレール構想」はなぜ幻に終わったか

あのジャーナリストの父親がかかわっていた

東京モノレールの大井競馬場前駅。ここで東京モノレールと交差して大井埠頭(奥)に向かう幻のモノレールが計画されていた

前回は、京浜東北線の蒲田駅と東京湾岸の羽田空港を結ぶ「幻のモノレール構想」を取り上げた。今回も、京浜東北線の大井町駅から湾岸の大井埠頭を目指すはずだった、幻の「大井モノレール」を紹介する。

私が大井モノレールの名を初めて聞いたのは、確か10年くらい前。当時は名前以外の情報がなく、どことどこを結ぶ予定だったのか、いつ頃計画されたのか、いつ頃中止されたのか、何もかもがわからなかった。

その後、『交通年鑑』(財団法人交通協力会)の1973年度版に、計画の概略が記されているのを見つけた。整備区間は東京都品川区の大井町~大井埠頭間2.4km。線路は跨座式(車両が軌道桁にまたがって走行する方式)を採用し、1975年度の開業が予定されていたという。

ルートは川の上空に

この連載の過去記事はこちら

さらに国土交通省を当たってみたところ、計画の申請書こそなかったが、関係する文書やルートの略図などが残されていた。

それによると、大井モノレールは1972年7月25日、跨座式モノレールの地方鉄道免許を申請。当時埋め立て工事が進んでいた大井埠頭や、再開発が検討されていた国鉄(現・JR東日本)大井町駅付近の開発需要を見込み、モノレールの整備を計画したようだ。

画像を拡大
大井モノレールは大井町駅から立会川の上空を進んで大井埠頭に抜ける予定だった。現在の立会川は大井町方が暗渠化されて遊歩道になっている

略図では、大井町駅から立会川の上空を進み、大井埠頭に入るルートが描かれている。駅は東ビル(大井町駅東口)・立会川(京急線立会川駅付近)・大井競馬場(東京モノレール大井競馬場前駅付近)・大井ふ頭(大井ふ頭中央海浜公園の北側)の4駅を設置することが考えられていた。

しかし、申請から10年後の1982年1月25日、大井モノレールの「代表取締役 嶌信正」が申請の取り下げ願いを提出している。これを受けて当時の運輸大臣は、同年4月1日付で申請書を返付。計画は幻に終わった。

次ページ申請を取り下げたその人は……
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。