デキない男のホワイトデー戦略はなぜ凡庸か

デキる男には「その手で来るか」の驚きがある

ホワイトデーの対応の仕方で、マーケティング力がわかります(イラスト:春次/PIXTA)

こんにちは。はたらく女性のかていきょうし、タブタカヒロです。

今日は3月14日ホワイトデー。2月14日バレンタインデーにチョコをもらった男性が、女性にお返しをする1日です。

ホワイトデーのお返し戦略からわかること

この連載の過去記事はこちら

1カ月前の記事で、バレンタインデーにチョコを「いっぱいもらいたい・モテたいビーム」を出す男がうっとうしいと書きました。彼らはホワイトデーになると、職場でもらった義理チョコへのお返しに張り切ります。

モテたいビーム男は少しでもセンスの良いホワイトデーのお返しをと頑張りますが、ほかの男性も同じように頑張るので、そんなに違いを出せずイマイチ抜け出せません。モテたいビーム男のホワイトデーお返し戦略が大成功になることは少ないようです。

ホワイトデー戦略がイマイチな男子を観察すると、仕事もデキないことが多いようです。特にビジネスにおける「戦略力」〜マーケティングが残念。逆に仕事がデキる男を観察してみると、ホワイトデー戦略に驚きやアイデアが含まれていて、マーケティング力の高さがうかがえます。中でもいちばん驚かされたのは、「ホワイトデーにお返ししない」という戦略でした。

デキない男がお返し企画に張り切る中、あるデキる男がとった「お返ししない戦略」とは? 今回はホワイトデーの返し方でわかる、デキない男とデキる男のマーケティング力について考えます。

デキない男のホワイトデー戦略とは、一言で言うと良い品を良いサービス(渡し方)でお届けする「顧客満足度」向上マーケティング。最近人気でセンスの良いギフトと、最近はやっているサプライズな渡し方を調べて、最も相手に喜ばれそうな「最適解」のお返し方法を選びます。

次ページえっ、そう来ますか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。