「人をたてる」名人になれば万事うまくいく!

キーワードは「自己重要感」だった

他人よりも優位に立ちたい?自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求(写真 : hin255 / PIXTA)

「自己重要感」は誰にも備わっている本能

「起業家として成功を収める」「出世して部長に昇進する」「高級マンションの高層階で暮らす」……人は心の中にいろいろな願望を秘めているものです。

その願望をさらに詳しく見てみると、次のような感情が働いています。

「起業家として成功して、まわりの人たちに実力を認めてもらいたい」

「部長に昇進して職場の重要な存在となり、敬われたい」

「高級マンションで暮らして、周囲の人たちの羨望の的になりたい」

これらの感情に共通しているのは、「他人よりも優位に立ちたい」という欲求です。20世紀のアメリカの自己啓発作家であり、人間関係学の大家でもあるデール・カーネギーは、これを「自己重要感」と名づけました。自己重要感は誰にでも備わっている本能的欲求であり、人間はそれが満たされた時、このうえない幸せを感じる生き物なのです。

次ページ人間関係をスッキリさせるコツとは
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。