欧州で大きな踏切事故がなぜ減らないのか?

オランダでは立体交差化が進みにくい事情も

オランダ国内には今も多くの踏切が存在する。立体化できない事情があるためだ

ドイツ南部で発生した、列車正面衝突事故の記憶がまだ覚めやらぬ2016年2月23日午前9時頃(現地時間)、今度はオランダ東部ダルフセン(首都アムステルダムから約90km)でまたしても大きな列車事故が発生した。踏切へ進入したクレーン車に、ツヴォレから東へ向かっていたローカル列車が衝突して横転、列車の運転士が死亡したほか、複数の乗客が重軽傷を負って病院へ運ばれた。

現場周辺は畑となっており、線路はほぼ直線で列車はかなり高い速度で走行していたとみられ、列車は衝突の勢いで大きく線路を外れて横転、運転席周辺は大破しており、衝撃の大きさを物語る。警察は、事故直前に車外へ脱出し難を逃れた、クレーン車の運転手を拘束し、取り調べを進めているという。

「ラッシュ後」が不幸中の幸い

乗客の数は15人程度とみられ、ラッシュ時間帯を過ぎていたことから、事故の大きさの割には死傷者の数が少なかった。ダルフセン市長のハン・ノッテン氏は会見で「死傷者の数が少なかったことは不幸中の幸いだった。実際、この路線は朝夕のラッシュ時間帯になると、非常に多くの利用客がおり、時間がずれていれば被害は甚大なものとなっていただろう」と述べている。

現場付近の住民は、「台所にいたら、外で激しい衝突音が聞こえ、慌てて外を見たら列車が線路上を横倒しで滑っていくのが見えた」と語った。また別の目撃者は、反対方向の列車が踏切を通過した後、クレーン車が非常にゆっくりしたスピードで踏切へ進入したと語っている。

次ページ年間30件、踏切事故続くオランダ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。