任天堂 “驚き”を生む方程式 井上理著

任天堂 “驚き”を生む方程式 井上理著

この3月、携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」が史上最速(4年3カ月)で世界累計販売台数1億台の大台を達成、Wiiも据え置き型機として最速(2年5カ月)の5000万台を突破した。

当然、任天堂の業績は絶好調。2009年3月期の連結ベースで、従業員1人当たり売上高はなんと4・4億円、営業利益は1・3億円と驚異的な水準を維持。収益のほとんどを稼ぐ単体決算となれば、その数字は3倍近くにはね上がる。

いまや、米国アップルやグーグルと並ぶ「革新的な企業」というイメージも定着しつつある。なぜ任天堂は並み居る企業が苦戦を強いられるなかで、好調を維持できるのか。誰もが知りたいところだろう。

本書は、任天堂の持つ独自の哲学を、その源流にさかのぼって明らかにする。この答えは意外にシンプル。「娯楽に徹せよ。独創的であれ」。「花札屋から世界企業へ」、快進撃の秘密が見事に解き明かされる。

日本経済新聞出版社 1785円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。