男中心の業界でも、「女に頼れる会社」が勝つ

営業は「狩猟型」から「農耕型」への転換期に

サービスエンジニア職にも女性活躍の幅が広がっている青森ダイハツモータース
「男性の職場」というイメージが強く、女性営業比率が5%あれば高い、と言われる自動車販売業界。この世界において、全社員290人中69人が女性で、女性営業比率16.3%、女性サービスエンジニア比率5.9%と、極めて高い数字を打ち出しているのが、青森ダイハツモータースです。
同社は「女性活用が進んでいる職場」として、厚生労働省や青森県から数々の表彰を受けています。いったい何が違うのか? その具体的な取組について、青森ダイハツモータースの松沼光男社長をはじめ、社員の方々にお話を伺いました。
※ 後編は3月4日(金)の掲載予定です

 

松沼社長が栃木ダイハツの社長を経て青森に赴任してきたのは2013年。同社は100%ダイハツ工業出資会社のため、社長も出向者が慣例。現場出身の社長は初めてだったそうです。赴任直後、まず松沼社長が感じたのは「女性は男性よりも一歩下がって控えめに働く。意見もなかなか言わない」という青森の県民性のようなものでした。

「学歴もあり能力も高い女性なのに、これでは困るな、と。軽自動車を扱う当社の場合、顧客の6割は女性です。しかも、当社の女性社員比率は低くない。女性にもっと第一線で活躍してもらわなきゃ困りますよね」(松沼社長)

社長自ら”待ったなし”の状況を作る

業界内では「女性営業はゼロ」「出産後に営業として復帰なんて前例がない」「ましてや、女性エンジニアなんて」といった会社もザラですが、青森ダイハツモータースでは、いきいきと活躍する女性の姿が見られます。しかも「女性には無理だ」と諦められてきた営業やサービスエンジニアの職種で、なのです。いったい、どんな工夫があるのでしょう?

まず松沼社長は、厚労省の女性活躍推進プランである「ポジティブアクション」を宣言し、事務職女性を営業職に配置転換しました。女性を管理職に登用するという目標を掲げ、それを発信し続けたのです。

「女性スタッフに先頭に立ってもらうことが大事なのはもちろんですが、企業のトップがコミットすることはもっと大事。中間管理職にハラオチするまで説明すると同時に、社外にも積極的に宣言してしまうことで、”待ったなし”の状態をつくりました」(松沼社長)

次ページファーストペンギンになる!と決意したワーママ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • Facebook-

『週刊東洋経済』月額プラン新登場。今なら、1カ月無料。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
自動車 風雲急

燃費不正、日産による三菱自救済、世界需要減速…業界は動乱期に突入。米Uber(ウーバー)などによるライドシェア、自動運転という技術革新の脅威も待ち受ける。業界の未来を見通す。

  • 新刊
  • ランキング