経済危機で負担感増--授業料だけじゃない!私立にかかる本当のおカネ《本当に強い中高一貫校》


 「教材費や空調費、文化事業費……。引き落とし通知の手紙が、毎月のように来る。正直、ここまでおカネがかかると思わなかった」

神奈川県の有名私立中学校に息子を通わせる主婦のAさんはそう嘆く。「夫の安月給では賄えない。実家が近いので、週1回は帰って、お小遣いをせびっています」。

「学費」は私立中学選びの重要なポイント。保護者の多くは入学前にある程度調べているはず。しかし、入学後に想定外の費用がかかり愕然とするケースは、冒頭で紹介したAさんに限らず、少なくないようだ。

最近は学費を学校説明会やホームページで開示する学校が増えてきたものの、すべての費用の金額を明示している学校はまだ少ない。

私立の中高一貫校に入ると、本当はどれだけおカネがかかるのか。

6年間の合計で見ると公立との差400万円

私立の学費を知るうえで参考になるのが文部科学省の「子どもの学習費調査」(最新は2006年度、下図参照)だ。同調査によれば、私立中学の年間平均の学習費総額は、学校教育費(授業料・教材費・通学費・制服・寄付金など広義の学費)、学校給食費、学校外活動費(学習塾・家庭教師・習い事など学校外で必要な教育費)の合計で126万円。中学3年間なら380万円に上る。

同じように私立の中高一貫校では中・高の6年間で694万円。小学校も私立のケースでは小・中・高の12年間合計で実に1518万円に膨らむ。小・中・高とも公立の場合(計498万円)に比べ、中学から私立だと396万円、小学校から私立だと1020万円もの差がつく。

もっともこの数値はあくまで平均値。学費は学校ごとに大きく異なるのが実情だ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。