トランプ氏とブッシュ氏、共和討論会で火花

南部初の予備選控え

 2月13日、アメリカ大統領選挙で共和党の候補者によるテレビ討論会が13日に行われ、不動産王ドナルド・トランプ氏(写真)と元フロリダ州知事のジェブ・ブッシュ氏がイラク戦争をめぐり激しい論戦を繰り広げた。サウスカロライナ州で撮影(2016年 ロイター/CHRIS KEANE)

[グリーンビル(米サウスカロライナ州) 13日 ロイター] - アメリカ大統領選挙で共和党の候補者によるテレビ討論会が13日に行われ、不動産王ドナルド・トランプ氏と元フロリダ州知事のジェブ・ブッシュ氏がイラク戦争をめぐり激しい論戦を繰り広げた。

20日に行われる南部で初となるサウスカロライナ州の予備選挙を前に、トランプ氏とブッシュ氏の舌戦がこの日の討論会の多くを占めた。

世論調査で支持率トップを走るトランプ氏には、他候補からの攻撃が続いたほか、トランプ氏とクルーズ上院議員の対立も目立った。

反主流派トランプ氏の対抗相手として競うクルーズ氏、ルビオ上院議員、およびブッシュ氏の主流派3人の候補者は、不法移民問題で激しい論戦となった。

トランプ氏は、ブッシュ氏の兄であるジョージ・W・ブッシュ前大統領が2003年にイラク戦争を始めたことを「とんでもない大きな間違いだ」と激しく非難した。

これに対してブッシュ氏は「トランプ氏がテレビのリアリティー番組を作っている間、兄は私たちの安全を守るための仕組みを作っていた。兄の行ったことを誇りに思っている」と反論した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
3位転落からの挽回戦略<br>ローソンの危機感

玉塚会長退任と同時に示された、野心的な中期経営計画。ファミリーマートに店舗数で抜かれたローソンの戦略は、質と規模の両方を追うハードルが高いものだ。改革は実を結ぶのか。