「民主党のトランプ」、サンダース人気の謎

ヒラリーに肉薄する社会主義者の勝算

新しいバスの前で話すバーニー・サンダース上院議員(写真:Max Wittaker/The New York Times)

民主党の大統領候補指名レースを戦うバーニー・サンダース上院議員(バーモント州選出、74)は、全米各地の対話集会では会場を満員にし、ソーシャルメディアを通して有権者に働きかけ、テレビ討論会ではライバルのヒラリー・クリントン前国務長官に真正面から立ち向かってきた。

勢いづくサンダース陣営だが、選挙運動は重要な時期に差しかかっている。彼は指名候補を選ぶ初戦のアイオワ州の党員集会を前に、専用バスで白く凍り付いた州内を走り回るという、昔ながらの選挙運動を展開していた。

ヒラリーに猛追する「2番手候補」

支持者とのセルフィーに応じるサンダース議員(写真: Max Wtitaker/The New York Times)

「新しいバスを投入したんだ」とサンダースは言う。バスの側面には、オバマ大統領の選挙運動を思わせるスローガン「信じられる未来」が大書されている。2月1日の党員集会まで州内各地をこのバスで巡り、有権者との対話集会に出席するつもりだという。サンダースはこうも述べた。「これまで乗ってきたバスとは大違いなんだ。中を歩き回れるし、シートも快適だ」

変わったのはバスだけではない。サンダースはアイオワ州での世論調査でクリントンを猛追し、第2戦の舞台となるニューハンプシャー州では支持率1位に躍り出た。自称「民主社会主義者」でエリート層とは一線を画し、当初は世論調査の専門家を選対本部のスタッフに迎えることも拒んでいたサンダースだが、共和党の大統領候補指名レースで首位を走る不動産王ドナルド・トランプのごとく、最近は自らの優勢ぶりを口にするようになってきた。

また、民主党の他の候補を悪く言ったりしないと誓っていたくせに、討論会でクリントンから銃規制強化に反対した過去を攻撃されると、最近のクリントンの劣勢に触れたり(いわく『本命候補が前ほど本命ではなくなった』)、クリントンの外交判断に疑義を呈したり(いわく『経験と判断力は必ずしも一致しない』)して応戦。クリントンとゴールドマン・サックスの関係を持ち出したりもした。サンダースに言わせれば、こうした関係は米政治に対するカネの有害作用の象徴だ。

トランプが共和党候補になったら、彼と対決するのに最も好位置につけているのは自分だと主張するサンダースの口ぶりは、不動産王でテレビのリアリティー番組の人気者で世論調査結果にこだわるトランプと大差ない。

次ページヒラリーへの「攻撃」開始
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。